体力と厚さ

インプラント手術の基本的な流れ

インプラント手術をするには、最初にインプラントを埋め込むだけの骨の厚さがあるかどうかをチェックをする必要があります。あごの骨の厚さが不十分な場合は、骨を作り出す装置を使って骨の量を増やすこともできます。 また、インプラントを埋め込むには外科手術が必要なので、外科手術に耐えられるだけの体力がないと手術ができないこともあります。 手術をする前には、埋め込むインプラントの種類を決めます。手術ではまず局部麻酔をしてから歯茎を切開し、あごの骨にドリルを使って穴を開けていきます。そしてそこにインプラントを埋め込みます。 3ヵ月〜半年ほどしてインプラントとあごの骨が癒着したらその上からセラミックなどの人工歯を被せて完成です。

入れ歯との大きな違い

インプラントは入れ歯のように金具で一時的に固定するのとは違い、一度あごの骨に埋め込んでしまえばずっとそのままなので、まるで自分の歯のように使用できます。入れ歯は安定性にかける上に固い食べ物が噛みづらいことがありますが、インプラントは天然の歯のようにしっかり食べ物を噛めるので、よく味わって食べることが出来ます。また、入れ歯は専用の薬剤を使用しての毎日のメンテナンスが大変ですが、インプラントは普通の歯のように食後にブラッシングをするだけでOKです。 このように入れ歯のデメリットをすべてカバーしてくれるのが歯科インプラントです。生まれた時からある自分の歯のように使用でき、見た目も自然なものになります。