歯の治療方法

様々な事情で歯を失ってしまうことがあります。

歯を失うことで見た目の問題以外にも、正しく発音が出来ずにきちんと話せなくなってしまったり、食べ物をしっかり噛めなくなり胃腸に負担がかかり胃腸の疾患を招いてしまうこともあります。 このようなことから、歯は健康で快適な生活をおくる上で非常に重要な役割を果たしています。 それでは歯を失ってしまった場合の治療方法についてみていきます。 主な治療方法は「入れ歯」「ブリッジ」「インプラント」の3種類になります。 入れ歯は昔からある最も一般的な治療になります。入れ歯は保険適応が可能な場合もあり、比較的安価で治療が出来るうえ健康な歯を削ることがなく治療が出来ますが、見た目の問題や、固いものが噛みにくかったり発音に問題が出る場合があります。

続いてブリッジによる治療です。

ブリッジは固定式ですので違和感ない着け心地ですが、健康な歯を削ったり発音に問題が生じる場合があります。 最後にインプラントによる治療です。このインプラントによる治療が近年最も人気の治療方法となっています。 インプラントは天然の歯に近い仕上がりで、天然の歯と同じような噛み心地を味わえ、健康な歯を一切削らずに治療が行えます。 したがってインプラントによる治療は、入れ歯やブリッジのデメリットをカバーした現在の歯を失った場合の治療方法として最もレベルの高い治療法と言えます。 インプラントの治療方法ですが、基本的には2回に分けて治療を行います。平均的な治療期間は3ヶ月〜10ヶ月となっており、治療費の相場は32万円となっています。